スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
心配と小児科と授乳室
2007 / 10 / 31 ( Wed ) 09:30:49
10月29日。
抱っこするとねんねしてくれるけど、基本的にぐずぐずしていた午前中。
午後は、じいじとばあばのところに行きました。
ばあばの抱っこで、爆睡。
帰宅すると、何か、元気に泣いていました。
お風呂あがり、オムツのサイズが、新生児用からSサイズにアップしました。
新生児用のオムツの方が、模様が可愛かったなぁ…

21時30分にオムツ交換をしたら、うんちに赤いものが混じっていました。
黄色いいつものうんちに赤いもの。
血液に見えます。
今までにそんなことはなかったので、ちょっと焦る姫ママ。
血便と言って、思い出すのが、まず、食中毒な姫ママ。
食中毒と言っても、姫は母乳onlyだしなぁ。
私の手洗いが足りなかったのかしら?
おっぱいをあげる時、もっとちゃんと消毒しなきゃいけなかったのかしら?
でも、下痢なわけじゃないしなぁ。
苦しんでないしなぁ。
元気だしなぁ。

姫パパは冷静を装って、実はとっても慌てていた様子。
PC開いて、ネットで「赤ちゃんの血便」について一生懸命調べていました。
「母乳ではたまにあること」というのを見て、姫ママは、それだろうと思い、一応、次の日に小児科を受診しとこう…くらいの気持ちになりました。
姫パパは、違う、もっとすっごい病気を想像していたみたい。
ばあばのところに電話して、「姫のうんちに血が混じっていた。姫が生まれた病院の受付は何時からだ?」なんて聞いちゃいます。(総合病院で、ばあばもかかりつけだから)
ちょっと、ちょっと!ばあばになんて聞いたら、心配かけちゃうじゃない!
案の定、受付開始時間を正確に知らなかったばあばは、病院に電話をかけて、受付開始時間を聞いちゃいました。
その病院は、夜間の救急もやっている病院です。もっと重要な電話がかからなかったらどうするの。陣痛で不安な妊婦さんとか!破水しちゃった妊婦さんとか!と、余計なお世話な心配をする姫ママ。だって、姫が生まれる前に電話した時、話中とかでかからなかったら、イヤだったはずだもの。

そんなわけで、10月30日。
8時に受付の機械が動くということで、急かされて、いつもより早起きして、8時ちょっと前に病院に到着。
もう、何人も、機械の前に並んでいたけど。

8時になって、先週、1ヶ月検診の時に作ったばかりの姫の診察券を通して、小児科の受付へ。
すると、各科の受付は、8時30分らしい。
姫を抱っこして立ったまま(座ると泣き始めたので)、30分待ちます。
予約なしの飛び込みなので、その後もずっと待つだろうなあ。お昼に帰れるかなあ。
そんなことを思っている姫ママ。

8時30分になって、小児科の受付に診察券を入れようとしたら、「体温をはかって、用紙に記入し、診察券の裏にはってから、診察券をお出しください」
姫の体温をはかるのが苦手な姫ママ。それでも、頑張ってはかって、36.8℃。嘘っぽいなあと思いながらも、そう記入して、診察券を出しちゃいます。

その後、待っている時、風邪をひいたらしい赤ちゃんとお母さんが近くにいて、赤ちゃんはともかく、ゴホゴホ言っているお母さんがマスクをしていないことに、ちょっと怒りを感じました。
咳をしているなら、せめてお母さんくらい、マスクをしてくるべきでは?
他の患者さんにうつしてしまうかもしれないし、自分の子供だって、治りかけたらまたお母さんの咳からうつって…と、完治するのが遅くなってしまうかもしれないじゃないですか。
しかも、「熱がある人、咳をしている人はマスクをしてください」ってはり紙があるじゃないですか!

診療開始は9時です。
9時ちょっと前に、オムツ交換。
うんちをしていましたが、黄色いうんちで、赤いものが混じっている様子はありません。
この時点で、姫ママ、大丈夫だろうと、更に気楽になっています。

9時ちょっとすぎに、中待合に呼ばれます。
案外早く診察が受けられそうです。
結局、3番目くらいかな?9時15分くらいに診てもらえました。
赤いものの混じったうんちをしたオムツをDrに見せて、赤いものが混じっている以外はいつもと同じような便であること、本人は元気であること、おっぱいもしっかり飲んでいることを伝えます。
それから、Drが姫のお腹を診てくれたのですが、オムツを外したら、しゃーっとおしっこしたらしく、Drが「あれ?君、おしっこしてるね?」と言っていました。あらら。
それはともかく、その結果、「母乳だと時々あることであり、赤ちゃんが元気だし、おっぱいもしっかり飲んでいるので、多分、心配はいらない。もし、続くようなら、来週にでも受診」ということになりました。
よかったよかった。

お会計を終えた後、姫がお腹が空いたようなので、授乳室に行きました。
最初は誰もいなかったのですが、姫が片方のおっぱいを飲み終えた頃、姫よりも小さいかな?くらいの赤ちゃんと、確実に姫ママよりも若いけど落ち着いている感じのお母さんが入ってきました。
横抱きの抱っこ紐を使っています。
先日、職場の看護師長に、「首のすわっていない子は横抱きよ!」と言われたのを、実はちょっと気にしている姫ママ。ついつい、人の抱っこ紐をチェックしてしまいます。
姫はなかなかゲップが出ないので、トントンしているうちに、その子も授乳終了、ゲップを出し始めます。
その時、意を決して、姫ママ、話しかけます。
「いつ生まれたんですか?」
すると、「9月8日です」という答えが返ってきます。
あら、姫と3日違い。
もっと、小さく見えたので、ちょっとびっくり。
姫は顔立ちがとってもはっきりしている子なので、その子がちょっと前くらいの姫みたいな顔をしているように見えただけだったのかも。
体重の話になったら、姫と同じくらいでした。
途中で去年の10月生まれの子が入ってきて、「1年経つとこんなに大きくなるんだね~」と言ったり、病院の受付は何時にしたとか、何で来たとか、ちょっとお話できて、楽しかったです。
何やかんやで、ゲップが出てからも、結構話していたかも。
その子は、まだ受診していなかったので、待合に戻っていきました。
余計な話をしていた分、後回しにされちゃっていたらどうしよう…と、ちょっと心配になってしまいました。
姫ママは嬉しくて楽しかったけど、迷惑だったかなぁ…?

予定よりも、かなり早く終わったので、帰りに本屋さんに寄りました。
そして、これを買っちゃいました。
てんきち母ちゃんちの毎日ごはん 2 (e-MOOK)てんきち母ちゃんちの毎日ごはん 2 (e-MOOK)
(2007/10/29)
井上かなえ

商品詳細を見る
大好きなブログの本の第2弾!
29日発売ということをチェックしておきながら、29日にすっかり忘れてしまって、夜、悔しい思いをした本です。
30日の夕食は、この本から作っちゃいました♪
美味しかったで~す!
スポンサーサイト
 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
ひと安心。
2007 / 10 / 30 ( Tue ) 09:40:19
小児科受診してきました。
母乳だと時々あるそうで、多分大丈夫でしょうとのこと。
続くようなら、来週にでも受診してくださいということなので、毎回、便の様子をよく観察しようと思います。
 0~5ヶ月 CM:2 admin page top↑
血便?
2007 / 10 / 29 ( Mon ) 23:55:20
21時30分にオムツ交換をしたら、赤いものが混じっていました。
元気は元気なので、大丈夫と思うけれど、明日、朝イチで小児科に行ってこようと思います。
 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
地下鉄に乗りました。
2007 / 10 / 29 ( Mon ) 13:31:41
10月28日。

葛飾テクノプラザ(だったかな?)でやっている、伝統産業展(だったかな?)に、姫パパの先輩が出展しているので、姫の顔見せがてら、行ってまいりました。
そんなわけで、都営浅草線に乗ったので、姫、地下鉄デビュー。ついでに、京成線(だったかな?)デビューもしました。
ベビーカーで行ったので、ベビーカーで電車デビューですね。

しかし、姫ママは不機嫌です。全く、乗り気ではありません。
何故なら、授乳室がないところに行くから。
姫に、母乳しかあげていないので、今まで、授乳出来る場所があるとわかっているところ、もしくは、授乳室があるところの近くしか出かけていませんでした。
姫パパにそれを言うと、
「この先、授乳室があるところしか出掛けない気?そんなわけにはいかないんだよ?この間買った、授乳スカーフして、その辺の陰でやればいいじゃん」
と軽く答えが返ってきます。

ムカムカ。

「そもそも、首のすわっていない赤ちゃんを、こんなに連れまわさないと思う」
ムカつく姫ママは、不機嫌丸出しで、反論。
そんな風にしか言わなかったけれど、心の中では、色んなことを思っていました。
特に思っていたのは、これ。

姫におっぱいあげるのは私なんだ~!!

結局、姫パパの先輩の奥様のご好意で、出展者の休憩用のお部屋の隅っこで、授乳させていただきました。
本当に、ありがたかったです。
だって、姫パパは、不特定多数の来場者のいる会場の隅でやれとか言ってたんですよ?
冗談じゃないですよねぇ。

さて、その帰り。
10月28日は、じいじの誕生日ということで、錦糸町に寄って、プレゼントを選びました。

あ、東京メトロ半蔵門線デビュー。

じいじは、あまり物欲がない方なので、とても難しい。
プレゼントしても、奥にしまいこまれちゃいかん!と考えていくと、更に難しい。
結局、ヨドバシカメラでこれを買いました。
ALINCO フット・バブ ジェット MCR3600ALINCO フット・バブ ジェット MCR3600
(2002/12/01)
不明

商品詳細を見る
足が痛いと言っているし、これなら、テーブルの下において、TVを見ながらでも出来るだろうという判断です。

姫を姫パパに任せて、姫ママがお会計に並ぼうとすると、前に、見覚えのある人が立っていました。
姫ママの職場の、医事課の主任さん。
先日、職場に行った時は、お休みで会えなかった人。
ご夫婦で、お買い物ということでした。
この偶然のお陰で、姫を見せることが出来ました。
よかったよかった。

その後、じいじとばあばのおうちに寄って、買ったばかりのプレゼントをじいじに渡します。
「姫も一緒に選んできました」
と言って渡しました。
しかし、そのままだと、箱ごと封印されてしまいそうだったので、すぐに開けてもらって、使い方を説明してきました。
その日の夕方、さっそく使ってもらえたようです。
じいじだけでなく、ばあばも使ってくれたよう。

帰宅してから、姫は初めて姫パパとお風呂に入りました。
今まで、入れる入れる言っていながら、逃げまくっていた姫パパですが、やっと、やる気になったようです。
姫ママが、首のところもちゃんと洗うように言うと、
「こっちは必死なんだから!」
と怒ったように言いました。
姫ママが入れている時は、言うくせに~!

 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
オマケの乾燥機
2007 / 10 / 28 ( Sun ) 23:05:51
10月27日。
台風が来るとかで、雨。
26日から、順調に洗濯物を増やし続けてくれた姫。
26日の夜、洗濯をし終えた後にも更に、洗濯物が増えていました。
おかげで、27日の朝も洗濯。
乾かないと、足りないので、布団乾燥機のオマケの洗濯物乾燥機が、大活躍でした。
とりあえず、姫ママのシーツやら姫パパの毛布やら、大物は晴れたら洗濯しよう!ということで、そのまま、脱衣所に放置してあります。
このオマケの乾燥機、乾かなくて役に立たないと思っていたけど、とってもお役立ちでした。
 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
天気が悪いのに…
2007 / 10 / 27 ( Sat ) 09:40:44
夜、我が家では、姫、姫ママ、姫パパの順で布団を敷いて休んでいます。
10月26日未明。
オムツ交換をして、おっぱいをあげた後、ゲップだしトントンをやっている時に、それは起こりました。

ゲフッ!
ベチャッ!


ゲフッというのは、姫のゲップです。
それはいい。
ベチャッて、ベチャッて、何?

恐る恐る姫を肩から下ろします。
姫のスタイ、姫の服、姫ママのパジャマ。
それらは当然濡れています。
とりあえず、さっぱり顔で眠る姫を姫の布団に寝かせます。
振り返ると、姫パパが寝ています。
ベチャッ!の正体は…
姫ママの布団と掛け布団と、姫パパの毛布でした。

天気が悪いのに!天気が悪いのに!天気が悪いのに!

姫ママ、姫パパを叩き起こして、姫ママのシーツをはぎ、布団への被害を最小限に食い止めます。
姫を着替えさせ、シーツを取り替えて、一段落。

朝起きて、最初の授乳後、ゲップをさせてから、姫を寝かせると、
ゲフッ!
ベチャッ!

姫の布団にぃぃー!
とりあえず、姫を移して、姫のシーツを取り替えます。
姫のシーツなら乾くだろうと、洗濯もしてしまいました。

天気が悪くなるからって、25日に大物を洗濯した後だったので、ちょっとショックの大きい姫ママでした。



 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
電車デビュー
2007 / 10 / 26 ( Fri ) 09:30:30
10月25日。

予定外の電車デビューです。

朝、9時ごろ、姫ママの職場から電話がかかってきました。
「一時金の手続きとかまだしてないでしょ」
事務長の言葉に、姫にかまけて自分の職場関係の手続きを後回しにしていることを思い出す姫ママ。
「産前産後の休暇も、今月末で終わるから、育児休暇の手続きもしないと」
育児休暇の手続きは、すでに終わっているものと思い込んでいた姫ママ。
危うく、ただの欠勤になるところだったようです。
郵送でも、手続きをしてくれるとのことでしたが、書類を書くのに、電話で聞いたりしなきゃならなくて、結局、時間がかかりそうだと踏んで、姫ママ決意します。
「子供の機嫌も良さそうなので、今から行きます。電車デビューします!」


と、いうわけで、総武線デビューです。
先日のバスデビューに続く、快挙です。

抱っこ紐
で行ったのですが、姫は機嫌よくねんねしてくれていたので、特に問題なし。
下り電車で座れたし。

職場の病院に着いて、受付、薬局に軽くご挨拶。(1階だから)
エレベータに乗ろうとしたら、降りてきた放射線のスタッフには「後で行きます」と声をかけて、エレベータに乗って上に行きます。
エレベータを降りると、リハビリのスタッフに会い、ご挨拶して、ようやく、事務にたどりつきました。

そこにいた看護師長が。抱っこ紐の姫を見るなり、
「hutaaiさん、駄目よー。首のすわってない子を縦抱きにしちゃあ!首のすわっていない子は、横抱きじゃなきゃ!」
いきなり言うことなのか?それは!
思いましたが、師長に反論しても無駄(聞いてくれないし、100倍になって返ってくる)なので、
「そうなんですか~」
と流しておきました。
他にも色々言われたけど。
でも、事務長と話している間、姫をあやしていてくれたので、一応、感謝。
奥の部屋を借りて、授乳後、ゲップだしまでしてくれたし。出なかったけど。
その後、11月予定の第二子も女の子と判明したらしい事務長も、ゲップだししてくれたし。(私より、上手。第一子、夜中のゲップだしは、彼の担当だったらしい)

事務での用も終わり、何やかんやで、12時過ぎて、栄養課もゆとりの時間帯になったので、下に行って、ご挨拶。
パートのおばちゃんに抱っこされ、他の栄養士の子にもツンツン突っつかれて、それでもご機嫌な姫。
本当に、愛想の良い子です。

私は私で、栄養課に入った新しい子にも会えたし。
久しぶりに行くと、随分、雰囲気も変わるものです。
っていうか、私がお客さんになってただけかも。

職員の食堂も同じところにあるので、病院に着いたとき、行くねと言ってあった、放射線課のスタッフとも会えたし、看護部の数名とも会えたし。
皆に、可愛いと言ってもらえた姫は幸せ者です。

帰りがけ、職場に納品に向かう八百屋さんにも会えたし。
白衣を着ていないから、なかなか認識されなかったけど。

ついでに、職場に納品してくれる業者さんであり、姫パパのところからちょっとだけ仕入れてくれる個人商店さんのところに寄りました。
そうしたら、品物のお菓子を幾つかくれました。
姫ママ、ラッキーです。

帰りの電車から降りて、アカチャンホンポの授乳室に寄り道です。
オムツを替えて、また、じいじとばあばのところに寄りました。

そして、帰宅後。
今週、新しいことに挑戦し続けている姫は、やっぱり、興奮。
一瞬、ご機嫌なこともあるけれど、大泣きの時間が長かったです。
お風呂の時間も大泣きで、内風呂に一緒に入るのが怖かったので、ベビーバスに逆戻り。
その後も、抱っこじゃないと寝てくれなくて、ちょっと大変になりました。

ごめんね。



 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
音の出るおもちゃ
2007 / 10 / 25 ( Thu ) 22:06:21
10月24日。

この日の姫は、何故かお菓子の箱がお気に入り。
メリーには見向きもせず、他の音の出るおもちゃにも興味を示さず、お菓子の空箱をトントンとする音にばかり反応していました。
その時、可愛い顔をしたので、茨城のばあばに写メ。
「もらい物のお菓子の空箱をトントンしてにっこり。安上がりな子です」
とコメントをつけて。
すると、ばあばから返信。
「今度音の出るおもちゃを持って行こう」
ぜひぜひ、来てくださいまし。
この半月でも大きくなったよ!
 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
1ヶ月(半過ぎてるけど)検診
2007 / 10 / 24 ( Wed ) 08:30:16
10月23日。

姫の1ヶ月検診です。

といっても、この日の姫は、1ヶ月と18日。
1ヵ月半過ぎてるじゃないの。

それは姫ママも十分承知しております。
姫ママだって怒りました。

それなのに、何故、このような事態になったのか。

姫ママの産後検診は、入院中に予約が取れました。
しかし、姫の1ヶ月検診は、退院後1週間以内に電話して予約を取るということだったのです。
確か、退院3日目に病院に電話をしました。
すると…

「いちばん早くて、10月23日です」

何で?どうして?この病院で生まれたのよ?
9月5日に生まれたって、わかってるじゃないの?
10月23日じゃ、1ヵ月半過ぎてるじゃない!

思いましたが、あいていないのでは仕方ありません。
そんなわけで、10月23日に、1ヶ月検診になった姫。


さて。そんな1ヶ月検診の日。

前の日に、バスデビューを果たして、ちょっと興奮気味な姫。
ちょっと、ぐずり気味です。

ぐずぐずの合間を見て、結構早めに家を出ました。
とりあえず、病院に着いちゃえば何とかなる!という考えです。
姫の診察券も作らなければならなかったし。

結構早く着いたのですが、もっと早く来ている親子もいました。
乳児検診ということで、姫より大きい子も何人もいました。
この日、1ヶ月検診だったのは、姫も含めて、11人でした。

そこで、入院中、夜中に授乳室で話したお母さんと赤ちゃんと会いました。
やっぱり、1ヶ月検診の予約の話になりました。
「今日って言う日付を聞いたとき、えって言っちゃった」
「1ヶ月検診じゃないじゃないねえ」

まずは、身長の計測です。
「お母さん、頭をここにくっつけて、おさえていてくださいね」
動く姫の頭を頑張っておさえる姫ママ。
 身長 55.0cm 
  (おお、10cmも大きくなってる)
続いて、胸囲、頭囲の計測。
 胸囲 36.0cm
 頭囲 36.5cm
更に、続いて体重の計測でした。
が。
タオルを敷いた体重計に、オムツを外して乗せられた姫は、シャーっと気持ちよく、排尿。
開放されて、気持ちよかったのね…(苦笑)
 体重 4440g
  (この間家ではかって、4kg超えてたのは間違いじゃなかったんだ)

次は、ケイツーシロップを服ませてもらって、助産師さんとお話です。
ケイツーシロップが上手に服めたので、姫は助産師さんにほめてもらえました。
体重が、1日に42.1gずつも増えていたので、それもほめてもらえました。
小さく生まれて大きく育っている姫でした。
姫ママは、助産師さんに、お尻が赤くなるときがあることや、足が小さくプルプルプルっとふるえることがあることや、授乳中にむせることなどを相談しました。
結局、深刻なことではなくて、お尻が赤くなるのはおむつかぶれの軽いやつ。足がふるえるのも、軽く押さえて止まるなら、単に動いているだけ。むせたら、ゲップだしのようにトントンしてあげる。と、いう感じ。
お尻のほうは、うんちをしたら、洗面器にお湯を張って、ぱしゃぱしゃ軽く洗ってあげるといいとのことでした。
でも、相談できるっていいですね。

と、ここまで、大人しくしていた姫ですが、Drの診察待ちの頃から、大泣き。
他の赤ちゃんも、結構、泣いていたのですが、姫の泣き声がいちばん大きかったです。
ヒステリックに通る泣き声というか…

Drの診察中は、わりと大人しくしていました。
異常なしのハンコをもらえました。

診察室から出ると、また、泣き出す姫。
次は、栄養士さんとのお話だったのですが、姫が泣いていたので、結構聞き流していました。
ごめんなさい。
鉄分とカルシウム、水分は摂るように。
塩分、脂質は控えめに。
その辺は聞いていました。
それくらいなら、私でも言えると思っちゃいました。
その辺のところも、ごめんなさい。
同業なので、ついつい、栄養士さんを見る目は厳しくなるのかな?

以上で、1ヶ月検診終了です。

帰りは、またまた、じいじとばあばのところに寄って、1ヶ月検診の報告をしました。

そして、Drの許可が出たので、内風呂デビューもしちゃいました。
姫ママと一緒に入りました。
ベビーバスが狭くなってきていたので、広々ゆったり。
やっぱり、姫はお風呂が好きなのね。


 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
バスデビュー
2007 / 10 / 23 ( Tue ) 09:00:44
10月22日。

2時ごろ。おっぱいが張って、目を覚ました姫ママ。
姫のオムツを交換して、起こし、授乳します。
眠った姫を布団におろすと、何やら、ふんばりながらダンス(?)を始めました。
面白くて、しばらく見ていましたが、いつの間にか、寝てしまう姫ママでした。

5時40分。再び、目を覚ました姫ママ。
うなりながら、ダンス(?)をしている姫を目撃。
しばらく観察していましたが、6時ごろ、半泣きになったので、オムツ交換と授乳。

8時15分。次の授乳。
左側のおっぱいをくわえられると、ちょっと痛いような気がしました。
切れてしまったのかな?と乳首を観察しましたが、そんな様子は全くありません。

その後、立って抱っこしていれば機嫌はいいのに、座ったり抱っこからおろすと機嫌が悪くなる姫。
寝たかな?と思った30分後、突然大泣きしてみたり。

お昼頃、姫ママの一番下の妹から、「遊びに行くよ」とメールが。
天気が良かったので、「お散歩と、バスデビューがてら、こっちから行くよ」と返事をしました。
最近、妹(って、姫にとっては叔母ちゃんですが)は、お引越ししたので、姫ママが新居に行ってみたかっただけなのですが…

そして、都バスデビューしましたよ。
ベビーカーは、万が一、バスが混んでいたらイヤなので、抱っこ紐で行きました。
運良く、バスは空いていて、座れました。
バスに乗って、15分ほどの旅ですが、緊張緊張。
バスって、こんなに運転荒っぽかった?
1人で乗っているときには、気にもしなかった運転が、気になる気になる。
当分、バスに乗るのはやめようと思いました。

妹の家に着くと、姫は大泣き。
緊張と、お腹が空いたのとダブルだったようで、大変でした。
まあ、妹は、今まで、寝ているところしか見せてくれなかった姫が、起きて泣いている姿を見られて、とても嬉しかったみたいですが…

たまたま、妹の彼氏も来ていました。
彼の着ていた赤いトレーナーを、姫はお気に召したらしく、じーっと見つめていました。

授乳だ~、オムツ交換だ~と、何やかんやで、1時間半ほど滞在しました。

妹の家のキッチンの、ガス台から流しのラインが、うちより広くてうらやましかったです。

さて。帰りもバスです。
バス停でしばらく待って、来たバスは、何人かは立っているくらいに混んでいました。
仕方ない。立って頑張るかと、乗りかけると、運転手さんが「後ろのバスは空いてますよ」と声をかけてくれました。
すぐ来るんだと思って、降りると、あらまあ。
真後ろに、次のバスがついているではありませんか。
ガラガラで、2、3人しか乗っていません。

というわけで、ゆったり座って帰れました。
帰りのバスの運転は、行きのバスほど荒っぽくなくて、このくらいの運転だったら、乗ってもいいなと思いました。

帰りは、一つ先のバス停まで乗って、じいじとばあばのところに寄ってから帰りました。

それから…
帰宅後、バスデビューの緊張から解き放たれた姫は、ぐずぐずぐずぐずエンドレス。

ごめんね、姫ママが悪かったよ。

 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
小細工禁止。
2007 / 10 / 22 ( Mon ) 08:07:59
10月21日。

姫ママと2人っきりの夜に絶好調だったせいか、朝起きてからちょっとぐずったけれど、その後は、わりとご機嫌な姫。

天気がいいので、シーツを洗ったり、布団を干したり。
お昼前に、スーパーやドラッグストアに買い物にも行きました。
姫は、お散歩が好きみたいなので、出かける直前に大騒ぎになることはあっても、出かけてしまうと、静かな良い子です。

さて、午後。
じいじとばあばが、こっちの家に来るかな?と思ったのですが、向こうのお家の前をコンクリート入れて綺麗にする工事をやっていて、家を空けられないとのことだったので、姫パパはいませんが、じいじとばあばの家に行くことにしました。
なるべく、じいじとばあばに姫の顔を見せるよう、姫ママは頑張っているのです。
しかし、じいじとばあばのところに行くと、じいじとばあばは姫を帰したくないので、超長居になってしまいます。
そこで、姫ママは、今回、ちょっと小細工をすることにしました。
午前中に干した洗濯物や、布団を取り込んでいかないことにしたのです。
そうすれば、「姫の布団を取り込まなくちゃ」と言って、明るいうちに、お暇することができるもんね!

じいじとばあばのお家に行くと、たまたま、姫が起きていたので、とても喜んでもらえました。
ばあばが先日、姫用に購入した、子供のお昼寝布団を「干しておいたのよ」と言っていたので、「私も、干してきました~。うち、午後にならないと日が当たらなくて~」などと、言っていました。

さて、そろそろかなあ…と思い始めた頃、ばあばが言いました。
「hutaaiちゃん、姫ちゃんの布団とか取り込んできちゃったほうがいいわよ。冷たくなっちゃうし。姫ちゃん寝てるし、こっちのことは気にしなくていいから」

姫ママ惨敗。
小細工禁止。


そんな風に言われて、姫と一緒に帰りますなんて、言えません。
1人帰宅して、布団やら洗濯物を取り込みました。
またまた、帰りが遅くなりそうなので、皆の布団を敷いて、じいじとばあばの家に戻ります。

姫パパから、早く、もう帰るっていう連絡が来ないかなぁ…

17時半ごろ、ようやく、待ちに待った姫パパから「終わった」という連絡がきました。
そこから、姫ママ、帰ろうと思って、頑張りましたよ。

やっと終わったみたいですよ。
暗くなっちゃったし。
姫が寝ていて、おとなしい間に…
姫、お風呂に入れなきゃ…

じいじとばあばは、姫が可愛くて、傍においておきたいあまり、その辺のところを考慮してくれません。
じいじは、「泊まっていっちゃえばいいんだよ」と言います。
いえ、オムツの予備が足りないし…

姫パパ、帰宅20時ごろの見込み。
その連絡が来たころには、もう、19時20分になっていました。
直後に、姫が起きたので、オムツを交換しました。

我に返って、この時間まで、引き止めていたことが、姫パパにばれたら、何を言われるかわからないと思ったじいじとばあば。
しかし、別れは惜しいので、姫と姫ママをお家まで送ってくれることになりました。

当初、家の手前までと言っていたのですが、結局、夜も遅いし(普段のじいじなら、あと1時間半くらいで寝る時間)、姫パパが帰ってくるまで、家に上がって待っているということになりました。
姫と、よっぽど離れがたいのですね。

20時。
見込み通り、姫パパ帰宅。
レスキューの講習とはいえ、遊びに行って、家を空けていたので、あまり強気には出られない姫パパ。
いつもよりは、平和的に、じいじとばあばを送り出します。

う~ん。長い半日だった。

それから、姫をお風呂に入れて…

とにかく、わかったのは、小細工禁止ってこと。
 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
ふたりぼっちの夜
2007 / 10 / 21 ( Sun ) 10:15:44
10月20日。

早朝、ちょうど、姫の授乳タイムが終わり、姫が寝付いた頃、姫パパは起き出して、大荷物で出かけていきました。
以前、台風のため延期になっていた、ダイビングのレスキューの講習を受けるためです。
レスキューの講習内容と、水温とを比較して、5㎜のウェットスーツを着るか、ロクハンを着るか迷って、結局、両方持って行って、現地で決めることにしたらしいです。
まあ、いつも一緒に行くとき、私の機材(3点セットと5㎜ウェット)も持たせちゃってるので、それに比べれば、軽い…のかな?

その時点で、実は、姫パパは日帰りのつもりでした。
1日目の講習やって、荷物だけ預かってもらって、次の日また始発で行くーみたいな。

しかし。
20時ごろ、姫ママの携帯に姫パパからメールが…

「まだ終わりません」

やっぱり…
そんなことになるような予感はしていたのです。
城ヶ島の社長が、妙にやる気になっているとか言ってたし。(去年から言っていたけど)
20時にまだ終わってなくて、終わってから帰ってきたら、家について休む間もなく出て行かなきゃならないんじゃないの?
心優しい姫ママは、「泊まってくれば」とメールします。
結局、姫パパはセンターに泊めてもらうことになりました。

このことを、姫ママは、後悔することになります。

何故って、それから姫が絶好調だったんですもの。

昼間、わりと寝ていたせいもあると思いますが、姫パパとのやりとりが終わった頃から、凄いことになりました。

姫ママの携帯に、姫パパが今夜留守にすると知ったばあばが心配して、電話をかけてきてくれていたのですが、それにも出られず。
「何かあったら電話してね。すぐ行くから」という留守電を聞いたのも、姫がようやく落ち着いてくれたかな?という真夜中。
直後に、またまた、ぐずり出して…

やっぱり、姫とふたりぼっちの夜は、怖いです。
何がって、姫がぐずったり、のもそうですけど、隣近所から、「うるさい!」って怒鳴り込まれたらどうしよう…とか、余計なことまで考えちゃうから。

当分、こんな思いはしたくないなあ…


 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
子守唄?
2007 / 10 / 20 ( Sat ) 15:40:49
10月19日。

朝4時ごろ、うなされながら、イヤイヤしていたので、オムツを見たら、うんちとおしっこがでていたので、オムツを交換しました。
すると、目を覚まして、おっぱい要求。
半分寝ながら、おっぱいを飲んでくれたのはいいのですが、やっぱり、むせます。
トントンやっても、ゲップがなかなか出ないし。

7時半ごろ、起きました。
オムツを見ると、おしっこしかしていませんでした。
それから、おっぱい。
おっぱいを飲みながら、特大のおならと、ゲップをする姫。
どうして、ゲップをしながらおっぱいを飲んでて、むせないんでしょう?

そして、左右5分ずつで、おっぱいタイム終了。
肩によいしょして、トントン。
ゲップが出ません。
段々重くなってきた姫に、か弱い(?)姫ママの腕がダウン。
仕方がないので、ひざの上の授乳用クッションに座らせて、縦抱っこでトントンします。
と。
特大のおならとゲップがまた同時に!
しかも、今度は、下からはうんちが、上からはミルクが出てきちゃったのです。
なんて器用なことをするんでしょう。

お昼頃、オムツを買いに行きました。
その間は、よく寝ていました。
お出かけすると、よく寝ているのです。
帰宅すると、泣き出します。
オムツを見れば、大量うんち。
もれなくて良かったと安心する姫ママ。

しかし、ここから、3時間ほど、大変でした。
抱っこしていないと、大泣きするし。
立っていないと、大泣きするし。
黙っていると、大泣きするし。

姫ママは立って姫を抱っこして、部屋の中をグルグルまわりながら、話しかけたり、子守唄を歌ったり…
子守唄のレパートリーが少ないので、そのうち、適当に創作する姫ママ。
同じことばかり言っていると、姫ママが飽きてくるので、色んなことを言っていましたが、段々、愚痴系になってしまったのが反省点です。

さて。
20日は、姫パパはダイビング。
レスキューの講習を受けに行きます。
始発電車に乗るために、早寝早起きを試みたのですが…

姫、絶好調。

抱っこ!抱っこ!抱っこ!の嵐。
姫ママ、ひとりで頑張りました。
レスキューの講習って、聞くと、体力勝負みたいなところもあるみたいだしーと思って。

姫パパがちゃんと眠れたのか、怖くて確認できなかったけど…
 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
出産レポート 蛇足
2007 / 10 / 20 ( Sat ) 15:38:09
出産直後、分娩室で助産師さんと話している時に、妊娠中に書いたバースプランと実際の出産がどうだったかを比較することがありました。
どうだったかって、バースプランどころじゃなかったというのが本音です。
助産師さんも、初産なのに予想以上に早すぎて、バースプランの紙を見る暇がなかったと言っていました。
とりあえず、分娩室についてから、ダンナサマが助産師さんに必要書類(バースプラン含む)を渡したけれど、それをチェックする前に、お産が始まっていたみたいでした。

どんなお産がしたいですか?という質問の欄に、私はこんな風に答えていました。
・ダンナサマに立ち会ってほしい気もするが、分娩の時は、立ち会ってほしいような、ほしくないような…(そのときの状況や、気分?)
・赤ちゃんの頭が出てきた時に触ってみたい(無理かも)
・自由な格好(体勢)をしたい

陣痛の時はどのように過ごしたいですか?という質問には、こんな風に答えていました。
・誰か(主人か実母か助産師さんかな)にずっといてほしい(一人でいたくないと思う)
・普段が布団の生活なので、ベッドより、布団の方が良いかも。(床に座ったりとかもしたい)

結果的に立ち会い出産になりました。
ダンナサマに分娩時に立ち会ってもらいました。
妊娠中、私とダンナサマは、立ち会い出産の為の、両親学級を受けていました。
その時は、バースプランに書いたように、「分娩の時はびみょ~」だけれど、「陣痛の時はいてほしい」と思っていたので、時間外でもダンナサマが陣痛室に入れるように、両親学級を受けていたのです。
その時の記事。

しかし、陣痛の時…
陣痛室、行かなかったね。
ベッドの部屋じゃなくて、畳の部屋がいいとか、言ってる場合じゃなかったね。

両親学級で、陣痛中のマッサージの方法などを習っていたのですが…
何にもやらなかったね。

立ち会い出産は「出産の見学ではない」ということだったのですが、スピーディに進みすぎて、結局、「見学どころか、ぼーっと見ていただけになってしまった」というのが、ダンナサマの感想でした。

「両親学級で習ったことは、今回、意味がなかったねー」
結構、笑い話。
本当に、両親学級は、時間外にダンナサマが病院にいられるためのパスポートになってしまいました。

出てくる赤ちゃんの頭を触るというのも、私は思い出したけれど、それどころじゃないというか、どうでもよくなっていたし。

自由な格好をしたいというのだけは、知らずに出来ていましたね。
全然、考えてなかったけど。

そんなこんなで、出産前に考えていたバースプランはあってなきがごとしでした。

でも、出産して、この出産は、やっぱりハッピーでした。
きっと、どんな出産でも、無事に生まれてきてさえくれれば、ハッピーなんじゃないかな。
そんな風に思いました。

というわけで、やたらと長くかかった出産レポートは、終わります。
出産レポート CM:0 admin page top↑
ウン…
2007 / 10 / 19 ( Fri ) 15:58:24
10月18日。

先日、この本を買ったことは、このブログにも書きました。
ひよこクラブ 2007年 11月号 [雑誌]ひよこクラブ 2007年 11月号 [雑誌]
(2007/10/15)
不明

商品詳細を見る
この付録の、「カシャカシャ布えほん」は、たかが付録と侮れません。
さすが、赤ちゃん雑誌の付録です。
機嫌のいい時の姫に見せると、夢中です。
本誌に、遊び方まで書いてあるし。
書いてあるまま、姫ママも、姫と遊ぶのに使っています。

またまた、うるさい団体さんの街宣車が来ました。
しかし、ちょうど授乳し始めた時間に来たので、逃げられませんでした。
ところが、姫、おっぱいそっちのけで、街宣車の声に耳を傾けているではありませんか。
これこれ、やめなされ。
更に、寝かせたら、姫ったら、街宣車の声にあわせて、踊り始める始末。
こらこら…

そんなことは、どうでもよくて、この日最大のイベントは、夕方にありました。

姫ママのおひざの上に横抱っこ風に座って、「カシャカシャ布えほん」で姫ママと遊ぶ姫。
と、姫が踏ん張りました。
(ああ、うんちだなぁ…)
姫ママの予想通り、姫はぶりぶりっとうんちをしました。
それも、何度も。

その結果…

あれ?しめっぽい…?

姫ママ、姫と接触している右の太ももに違和感…

姫を持ち上げてみると…

濡れている…

うんちがもれた~!

慌てて、タオルを敷いたその上に姫を寝かせます。
ばりばりっと姫の服のスナップを外して見てみると、黄色いしみが…

一番新しい、おろしたての、姫の服にうんちがぁ~!

ついでに、くたびれた、姫ママのパンツにも。

姫が大量にうんちをし過ぎたわけではなくて、ちょうど、姫のお尻と姫ママの太ももの当たり所が悪くて、たまたま、姫の足回りからもれてしまっただけのようです。


この一部始終を、実家の母にメールすると、「あらまあ。運よくついた。毎日楽しくていいねー!」という返事が来ました。
そりゃそうだけどね。
 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
授乳時の悩み
2007 / 10 / 18 ( Thu ) 12:30:20
10月17日。
最近、夜は長時間寝ている気がします。
寝つきは良くないですが、一度寝ると、5~6時間、寝てくれます。
おかげで、この数日、姫ママは楽チン。

ですが、ちょっとした悩みもあります。
それは、姫がおっぱいを飲むとき、むせること。

おっぱいを、勢いよく飲んで、吸いすぎて、ゴホゴホむせるんです。
しかも、ひきつけでも起こしたの?!っていうくらい、「ひぃぃー」って、息を吸うんです。
昼間、姫と2人きりのときは勿論、夜間の授乳のときも、すごく怖い。

今度、病院で相談してみようかな…

どうでもいいことですが、高砂部屋の周囲に、またまた、うるさい団体さんの街宣車が来るようになりました。
うちの姫様は、それほど気にしないのですが、姫ママはとっとと逃げ出すことにしました。
しかし、避難するといっても、じいじとばあばの家なのですが…
また、長居をする羽目になってしまいましたし…

途中のコンビニで、チロルチョコを買いました。
コンビニ限定京きなこです。
プレミアム価格の32円(税込み)。
パッケージが2色あったので、それぞれ1個ずつ買いました。
黒蜜入りで、美味しかったです。

この日、姫パパが飲み会で、帰りが遅かったので、姫ママ、1人で初めて、最初から最後まで、姫をお風呂に入れました。
姫、風邪ひかなかったかな?
 0~5ヶ月 CM:2 admin page top↑
悪いママ。
2007 / 10 / 17 ( Wed ) 14:00:04
10月16日。
姫ママは、姫にとっても悪いことをしてしまいました。
ごめんね、姫。

夕方、姫がちょっとぐずった後、ちょっとご機嫌になって、その間に夕飯を作っちゃおうと思った姫ママ。
そんな姫ママが、揚げ物を始めた瞬間、姫が、突然火がついたように泣き始めました。
揚げ物をしているので、ガス台の前から離れられない姫ママ。
「ごめんね~!今、揚げ物やってるの。もうちょっと待ってね~!」と言いながら、遠目に姫の様子をうかがいます。
そうしている間にも、姫の泣き声はヒートアップ!
心配だけれど、揚げ物の最中、火のそばから離れるのも心配。
「ごめんね~!もうちょっと待ってね!」
遠くから(と言っても、3mちょいくらい)、声だけ掛けます。
と、突然、ぴたっと姫が泣き止んだのです。
その時は、ただ、眠くなって寝ちゃっただけだと思いました。
揚げ物を終えて、火を止めて、姫の傍に行くと、姫が微動だにせず眠っています。
心配になって、息をしていることを確認。
それは大丈夫。ちゃんと息をしていました。
しかし、ほっぺに触ったら、物凄く冷たいのです。手も、足も。
ついさっきまで、大泣きしていたのだから、当然熱いと思っていたので、姫ママびっくり。
大泣きしすぎて、息が出来なくなっていたのかしら?
色んなことが頭を駆け巡って、ちょっとパニックを起こしていたと思います。
「姫、姫、大丈夫?!」
慌てて、姫を抱っこして、トントンして、起こしてしまいました。
姫は、むにゃむにゃ言いながら、イヤイヤします。
そうしている間に、体温が上がってきました。
ちょっと、ほっとする姫ママ。
姫は、姫ママのだっこで、気持ち良さそうにねんね。
本当に、ほっぽらかして、ごめんね、姫。

 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
寝てるの?起きてるの?
2007 / 10 / 16 ( Tue ) 12:22:19
14日は23時半頃眠った姫。
それから、日付が変わって、15日2時くらいに、何やら、うなり声が聞こえます。
何かと戦うように、キックしたりパンチしたり、何かを避けるような仕草をしながら、姫が何やらうなされています。
しかし、起きたり泣き出したりする気配はなし。
それをしばらく見ていましたが、姫ママ、眠気に負けて、いつの間にか寝ていました。

そして、次に姫ママが目を覚ましたのは何と、5時過ぎ!
姫は、相変わらずなのか、途中はそうではなかったのか、何かと戦いながらうなっています。

これは起こしてみるべきなのか、このままにしておいていいのか…

迷う姫ママ。半ボケで迷っているので、いつのまにか、時間が経ってしまい、姫が泣いて起き出しました。

それでようやく、オムツ交換とおっぱいタイム。

夢にうなされていたのかな? でも、赤ちゃんって、どんな夢を見るのかな?

お昼頃、姫は、おっぱい中にふんばって、うんちをブリブリ!
その不快感にすぐ気付いて、おっぱいの途中でおっぱい拒否。オムツ交換を要求してきました。
オムツを交換して、何分もしないうちに、再び、ブリブリ!
大量のうんちを排出して、オムツ交換を要求。
また、オムツを交換して、服を調えたら、三度、ブリ!
大量うんちの残りかす?そんな感じの少量うんち。
当然、オムツ交換を要求する姫。
またまた、オムツを交換している途中、ちょうど、新しいオムツを当てたところで、まだ、テープを止めていない状態の時。
しゃーしゃー…
おしっこです。
新しいオムツは当然ぐっしょり。
またまたまた、新しいオムツに交換です。

こんなに短時間でオムツ交換をこれだけしたのは、初めてですよ、姫。

さて、午後は「ひよこクラブ 2007年 11月号」を買うために、お散歩がてら抱っこ紐でお出かけです。
姫ママは、先日払い忘れた携帯代を払うため、まず、コンビニに行きました。
すると、ラッキーなことに、「ひよこクラブ」が売っているではないですか!
近所の本屋さんは、コンビニよりも遠い上、狭いので、実はあまり行きたくなかったのです。
当然、「ひよこクラブ」も購入します。

時間が余ったので、結局、じいじとばあばのところに行きました。
結局、長時間滞在…
洗濯物、出しっぱなしで来ちゃったのに…
姫ママ、ちょっと後悔…

最近、目の発達も著しい姫。
出産祝いに頂いた、白い鳥さんのガラガラがお気に召したらしく、顔の前で振ると、ご機嫌です。

そして、夜。
15日は22時頃ねんねです。
またまた、目覚めない姫。
日付が変わって16日、3時頃。
またまた、うなされながら、何かと戦っている姫。
姫様、あなたは起きているのですか?寝ているのですか?
結局姫ママ、今度は心配になって、姫のオムツを交換します。
すると、寝ぼけながらも起きた姫、おっぱいを要求。
おっぱいのはってきていた姫ママ、喜んでその要求に応えます。
しかし、おっぱいをがぶ飲みしすぎたらしい姫は、ゲップと共に、結構な量をもどしました。
姫ママに、新たな心配事浮上。
それでも、姫は、姫ママの心配なんて気にせず、すっきり顔でおねんねです。


 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
出産レポート8
2007 / 10 / 16 ( Tue ) 12:05:15
出産レポート7で書き忘れていたことをいくつか。

分娩室に着いて、助産師さんに、陣痛が10分間隔になったのはいつか、と聞かれました。
10分間隔とかは全然わからなくて、22時頃から痛みが増してきて、5分間隔とかで、耐えられない痛みになってきていた、という風に答えたと思います。

分娩台に乗ってから、点滴をしました。
陣痛から分娩が早く進んでいる場合、出血が多いことがあるので、出血を抑える薬が…入っているって言ってたんだったかな?後から入れるかもって言ってたんだったかな?

1時41分 後産まで終了。
赤ちゃんが出てくる時の方が、断然痛かったはずなのに、胎盤が出てくる時の方が痛いような気がしました。
きっと、一瞬、痛みがなくなって、ほっとする時間があったからだと、ぼんやり思っていたかも。

赤ちゃんの身長や体重など状態を記録するため、赤ちゃんが別室に連れて行かれます。
ダンナサマもそちらに行ってしまいました。

私は分娩室で1人さびしく(スタッフはいましたけど)、後の処置。

「切る」と言っていたのが聞こえていたので、会陰切開されたと思っていたのですが、実は、切る前に、赤ちゃんが出てきてしまっていたのだそうです。
結局、会陰切開は出来ずに、自然に切れてしまい、会陰裂傷ということになっていました。
Drに、傷を縫われている時、「痛い」と何回か言いました。

それとは別に、全身ががたがた震えてきました。
歯が合わさらずに、ガチガチ聞こえるほどです。
どうして震えが止まらないのかわからず、物凄く不安になりました。
処置中のDrに、「震えが止まらない」と訴えると、「出産後は、皆、震えるよ。出血もあるしね」との返答。
その答え方が、人をほっとさせるような、やさしい、頼りがいのある言い方で、私の不安はどこかに行ってしまいました。
やっぱり、Drは、こうやって安心させてくれる人がいいなぁ。

時間が経つうちに、出産の痛みにまぎれて、気付いていなかった地味な痛みが気になりだしました。
縫合のあとは勿論ですが、点滴の針が入っているところとか、多分、出産時の力の入れ具合が変だったのだろう、背中とか。

書類を作るためなどに、助産師さんと話をしました。
「まさか、今日生まれると思わなかった」
私は何回もそんな風に言っていました。
助産師さんに、「初産でこれだけ超スピード出産だから、2人目3人目は、もっと早いよ。次の時は、ちょっとでもお腹が張ったり、痛かったりしたら、すぐに病院に連絡して、前は3時間半で生まれちゃったことを言ってね。そうしないと、家で出産とか、車の中で出産とか、ありうるから」と言われました。「今回も、病院に来て10分ぐらいだから、車の中で生まれちゃってたとしてもおかしくなかったくらいだからね」
言われてみれば、その通り。
ダンナサマに言われたから、病院に電話したけれど、言われなかったら、していなかったですよ…
ちょっと、怖くなっちゃいました。
ちゃんと、病院で生まれてくれたから、良かったけど。


出産の状態を母子手帳から。

妊娠期間 妊娠39週3日
娩出日時 2007年9月5日午前1時35分
分娩の経過 頭位、会陰裂傷縫合、臍帯頚部巻絡1回、アプガールスコア10点
分娩所要時間 3時間41分
出血量 少量(110ml)
出産時の児の状態
性別・数 女:単
計測値 体重2692g 身長45.0cm 胸囲29.2cm 頭囲32.0cm

退院前に、母子手帳を返された時、「臍帯頚部巻絡1回」という文字を見て、私と同じだ~と思いました。
母に渡された、私の母子手帳にも、同じ文字が書かれていたのを覚えていたからです。
何回も巻かれてなくて、良かったね。ちゃんと生まれてこれて、良かったね。





出産レポート CM:0 admin page top↑
パパとお留守番
2007 / 10 / 15 ( Mon ) 11:07:20
10月14日の初挑戦。
それは、姫と姫パパ2人のお留守番。

近所のスーパーで、午前中だけ、特売をしています。
本当は、家族3人で行く予定でしたが、姫が、おっぱいをいつもよりゲホしたり、大泣きしたり、何となく、心配な感じだったので、姫を外に連れて行くことはやめました。
姫パパは、姫とお出かけしたいので、むっとしていたようですが、姫の方が心配だもんね。
そこで、姫パパと姫ママ、どちらがお買い物に行くか。
スーパーで何を買うかと言えば、食材です。
姫パパは料理をしません。
料理は姫ママの担当です。
姫パパは、広告に載っているものしか買ってこられない。
姫ママは、広告に載っていなくても、臨機応変に買ってこられる。

そんなわけで、姫と姫パパのお留守番決定!

ほんの30分程度のお留守番でしたが、姫は良い子にねんねしていたようです。
姫パパは、退屈そうに、ダイビングの本を読んでいました。

姫ママは、姫がいないので、その分、荷物が持てる!と、ちょっとまとめて買いすぎました。
荷物が重くて、手が痛い…


 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
出産レポート7
2007 / 10 / 15 ( Mon ) 10:50:53
タクシーから、なかなか降りられなかったけれど、その時点で、私はすぐに赤ちゃんが生まれるなんて思っていませんでした。
タクシーの運転手さんが言っていた通り、まだまだこれから。これからが長いんだと思っていました。
多分、ダンナサマもそう思っていたことでしょう。

入院棟の入り口で、連絡を受けていた警備のおじさんが声をかけてきました。エレベータで3階の分娩室へ行くように言われたのだと思います。

私は、ダンナサマに寄りかかりながらも、自力で歩いていたつもりでした。
しかし、後からダンナサマが言うには、ダンナサマに全体重を預けて、フラフラしていたとのこと。
そんなはずないんだけどなぁ。

分娩室のある、3階でエレベータを降りて、ダンナサマが「分娩室はどっちだっけ?」などと、ふざけたことを言ってきました。
両親学級で行ったでしょ!何で覚えてないのよ!普段人のことを方向音痴とか何とか言いまくってるくせに~!
痛みで苦しんでいる私は、心の中で叫びつつ、「あっち!」と指差します。
怒鳴りたかったけれど、怒鳴れなかったのね。

ようやく、分娩室に到着。
分娩室の中に、陣痛室と分娩室があって、最初は陣痛室に通されるものとばかり思っていたのですが、私の様子を見た助産師さんに連れて行かれたのは、分娩室。
それでも、助産師さんも、まだ生まれるとは思っていなかったそうです。
助産師さんは、私に分娩着を渡して、着替えるように指示して、ダンナサマから必要な荷物や書類、母子手帳等を受け取っていたようです。
また陣痛があって、分娩台に寄りかかりながらも、床にしゃがみ込む私。
一瞬の隙を突いて、分娩着に着替えます。
その間、助産師さんとダンナサマは、多分、必要な書類を作るために、話していたんじゃないかしら。

しかし、我慢できないくらいの痛みが私を襲います。
分娩台に寄りかかっていることすら出来ず、床に突っ伏してしまいました。
それに気付いた助産師さんが、慌てて近寄ってきて、助産師さんに助けられながら、分娩台にのぼったのを覚えています。
仰向けにはなれず、横向きの状態。
この病院では、割と好きな体勢で分娩させてくれるので、横向きの状態のままでいさせてくれました。

「hutaaiさーん!ゆ~っくり息吐いてー」
助産師さんの声に、息を吐きます。
それまでも、ゆっくり息を吐いていたつもりだったけれど、知らない間にいきんでいたみたいでした。

「hutaaiさん、私のこと覚えてる? マザークラス、1回だけ私担当の時に来たでしょう」
私が目をつぶっていたからか、ちょっと安心させるためか、助産師さんが言いました。
ちょっと、目を開けて、助産師さんを見たのかな。
病院のマザークラスで、1回振り替えた時の助産師さんでした。
声を出せなかったので、うんうんと頷く私。

内診して(多分。その時そんな感触は感じるどころじゃなかったので、よくわかりません)、「あれ、もうすぐだねー」とか「破水するねー」とか言う声が聞こえます。
「hutaaiさ~ん、わかるー? hutaaiさん、立会いだっけ?」
助産師さんが確認してきます。
あれ?バースプランの紙に書いておいたのに。とちょっと思っていました。
実は、陣痛時はいてほしかったけど、分娩時はどうかなぁとはっきりとは決めていなかった私たち。結局どうするの?という意味かなあ。
一瞬迷ったけれど、次の瞬間、私は頷いていました。
両親学級受けたし!と頭の片隅に浮かんだかも。
結構、いろんなことを考えていたなぁ。

その時のダンナサマ。
助産師さんに、とりあえず、待合室へと言われて、待合室に荷物(私の入院セットなど)を持って行って、すぐ、(まだまだ時間がかかるんだよな。座ろうかな)と思ったら、また助産師さんに「破水させるから来てください」と呼ばれて分娩室に来たそうです。
荷物をどうすればよいかわからず、私のいる分娩室に持って行って、その辺にほっぽらかしたとか言っていました。

それから、ダンナサマは私の手を握っていたみたいなんですが、私はタオルを握り締めていて、さっぱりわかりませんでした。

「破水させるねー」
という声と共に、股間に生暖かい感触が。
その時、一瞬、ふっと圧力が減った感じがしました。
それが、風船が割れたみたいな感触なのかな?

あとは、助産師さんに言われるがまま、いきんだり、呼吸をしたり。
マザークラスで、呼吸法とかやりましたけど、助産師さんに言われないと、やっぱり、わかりませんでした。
したい呼吸やしたいいきみは、何だか、助産師さんに言われるタイミングとずれていた気がします。

いきむ時、持っていた(握り締めていたと言うか、抱きしめていたと言うか)タオルに顔を押し当てていました。横向きだから出来た技ですね。
また、息を止めているのが正解なのかもしれませんが、どうしても、「ムミューン」(私には、そんな風に聞こえたのです)と声が漏れてしまいました。

その後、横向きだったのを、仰向けにされました。
「切りますよー」
という声が聞こえたので、会陰切開をするときは、仰向けなんだと思ったのですが、実はそうではなくて、本当は、私がその方が楽そうだから最後まで横向きで…というつもりだったそうなのですが、横向きだと、出てくる赤ちゃんが苦しそうな感じになっていたから、仰向けにされたそうなのでした。

我慢できなくて、何度も「痛い!」と言ってしまったように思います。
ダンナサマは3回言っていたと言いましたが、声になったかならないかは別として、もっと言っていたと思います。

そういえば、バースプランに、出てくる途中の赤ちゃんの頭を触ってみたいとか書いたことを、分娩中に、ちらっと思い出したりもしたのですが、結局、声に出すことはありませんでした。
そんなことを言っている余裕はなかったです。
そんなことをする余裕もなかったですが。

赤ちゃんが出てくる時、それまでと違う感覚がありました。
何か、出てくるってわかるの。
それで、出てきた瞬間、ふっと今まであった、我慢できないくらいの痛みが消失。

目をつぶってしまっていたのですが、痛みがなくなって、目を開ける余裕ができました。
産声が聞こえて、思っていたよりか弱い感じで。

生まれたばかりの赤ちゃんが、分娩台の私の顔の横に寝かされます。

間近で見た、私の赤ちゃん。

「かわいい…」

私が口に出して言ったのはその言葉。

でも、実は、心の中で最初に思ったのは、
(エコーで見たのと同じで、鼻が大きい…)
でした。

9月5日午前1時35分 hutaai家のお姫様の誕生です。





出産レポート CM:0 admin page top↑
メリーを買いました。
2007 / 10 / 14 ( Sun ) 10:30:23
10月13日。

姫パパがお休みでした。
そんなわけで、お散歩はいつもより、ちょっとだけ遠くに行きました。
と言っても、オムツを買うために、錦糸町のアカチャンホンポまで行っただけですが。
行きは、ベビーカーに乗せていきました。帰りは、それに荷物をのせて、姫は抱っこ紐で抱いていくという予定です。

予定通り、オムツを買いました。
我が家ではメリーズ 新生児用を愛用しています。
新生児用だと、太もものところに少し、赤くあとがついてしまうので、サイズアップしたいような気もして、前回、店員さんに相談して、Sサイズも1パック買って試してみたのですが、それだと大きすぎて漏れてしまうことがわかりました。
そのため、今回も新生児用。
テープの止め方によっては、赤くならないときもあるので、オムツ交換のときは、慎重に止めます。それでも、やっぱり、まだまだ未熟な姫ママは、赤くしちゃってごめんなさい、なのですが。

それとあと、これも買いました!
ディズニーキャラクターズ やわらかガラガラメリーデラックスディズニーキャラクターズ やわらかガラガラメリーデラックス
(2006/07/13)
不明

商品詳細を見る
姫が生まれる前から、買おうと思いながら、買っていなかったもの。
もう一つ、くまのプーさんのと迷っていたのですが、ミッキーにしました。

お買い物に浮かれて、さっさと帰宅。
早速、組み立てて、ちょうどちょっとぐずりだした姫に見せます。
すると、じっと見つめて、涙が止まりました。
すごい威力です。
キャラクターの中でも、ミッキーとダンボを追っている感じがします。
あら、ミッキーが好きなの?
実家にある、妹のベビーミッキーのぬいぐるみを、無断で貰ってきちゃおうかしら。

そうして、真夜中、姫ママは気付きます。
途中のコンビニで、携帯代を支払う予定を、すっかり忘れてしまったことに。

 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
覚えて…ないね。
2007 / 10 / 13 ( Sat ) 10:30:07
10月12日の姫。

お昼過ぎ、泣き出した?と思って、姫ママが様子を見に行くと、すやすや寝ています。
おかしいな?と思って、しばらく様子を見ていると、姫が「う~ん!」とうなり始めました。
更に、しばらく見ていると、また、「ふぎゃっ!」と泣き始めのような声をあげます。
それもやっぱり、泣き出すわけではなくて、再びすやすや寝てしまいました。
何度か、そんなことを繰り返しているうちに、
ブー! ブリブリブリ!
という、赤ちゃんとは思えない盛大な音が…
そう。姫様は、うんちがしたくて力んでいただけのようなのです。
しばらくして、オムツの不快感に気付いた姫は、本当の本当に泣き始めました。

午後、お散歩に行きました。
お散歩のついでに、近所に住むプール友達のOさんにメールして、姫を見せに行きました。
この方は、入院中にも病院に来てくれて、姫も一度は抱っこされています。
Oさんに会うと、姫はにっこり。
「あら、覚えててくれたの~」
Oさんが言うと、偶然でしょうが、姫は首を振りました。
「覚えて、ないね。生まれたばっかりだったもんね」

その後、Oさんと別れて、また、じいじとばあばの家に寄りました。
曇って、風も出てきたので、オムツだけ替えさせてもらって、早々にお家に帰りました。
しかし、帰ろうとすると、ちょい泣きしていた姫。
ほんと、じいじとばあばには特に可愛らしい態度だなぁ。
 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
やっぱり、猫かぶり姫
2007 / 10 / 12 ( Fri ) 14:31:05
10月11日。

夜中に何度、布団を蹴飛ばされたことか。
入院中は、おとなしく、蹴飛ばすなんて知らなかっただろう、姫。
退院してきたその日から、どうして、あなたはそんなに蹴飛ばすの?
タオルケットを掛ければ蹴飛ばし、姫ママの実家の居間でバスタオルを掛ければ蹴飛ばし…
更に、手を使うことまで覚えて、せめてお腹を冷やさないようにとお腹に掛けた小さいタオルまで…
更に、更に、成長して、この間まではどけられなかった、肌掛けまで、手でどけてから蹴飛ばすようになっちゃって…
成長してくれるのは嬉しいけれど、風邪をひかないか、心配です。
ちょっと、くしゃみや咳をすることがあるし。

この日は午前中から絶好調にご機嫌ななめ。
ほんのちょっと、うんちをしては泣き、オムツを交換している最中や交換直後にブゥ。
かと思えば、泣くかなと見せかけて、次の瞬間、ぱたっと突然、電池が切れたように眠ってしまったり。
細切れな姫の行動に、あたふたしてしまいました。

午後、少しご機嫌が良くなって、近所に住んでいるじいじとばあばの所に行きました。
すると、姫様、キャラクターが変わります。
にこにこ、とっても愛想よし。
更に、この日は、じいじの姿を目で追っているようです。
ちょっと、サービスしすぎじゃない?
姫ママ、ちょっとジェラシー。
気を良くしたじいじとばあば。
ちょっと顔を見せて帰る予定が、また長居をしてしまいました。

そうそう。姫を見た瞬間、ばあばの言った言葉を記録しておかなければ。

「あら、一週間経たないけど、この間見た時より太った?」

はい。
ほっぺの辺りが更にふくよかになりました。
あと、太ももの辺りが、見えないけど、凄いんです。
そして、帰宅後。
しばらくはおとなしかった姫。

でもやっぱり、じいじとばあばの家で愛想を振りまきすぎて疲れたのでしょう。
いつしか、ぐずぐずし始めました。

じいじとばあばがいるところでも、この大泣きをしてみてくれ!

姫は、じいじとばあばがいるところでは、「とってもおとなしい子」なのです。
 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
出産レポート6
2007 / 10 / 12 ( Fri ) 10:14:39
2度目の産院への電話で、助産師さんから、産院へ来るよう指示されます。
夜間なので、外来棟ではなく、入院病棟の分娩室へ直接来るように、とのこと。
マザークラスや両親学級で見学しているので、その場所はダンナサマも私も覚えています。

ダンナサマがいる時は、ダンナサマが徒歩5分の実家に車を取りに行って、車で病院まで行く予定でした。
しかし、その5分なり、10分なりも、ひとりにされたくない私。
結局、タクシー会社に電話して、タクシーを呼びました。
多分、10分も掛かっていないと思いますが、それから、タクシーが来るまでの長いこと!
ダンナサマに寄りかかり、しがみついて何とか、1階まで降りて、マンションの前でタクシーを待ちます。
立っているのが辛くて、歩道に座り込んでいました。
ようやく、タクシー到着。

家から、病院までは車で10分もかかりません。
タクシーの中で、運転手さんが、
「初めて?初めてなら、まだまだ、時間かかるよ。頑張ってね」
と、声をかけてくれました。
しかし、私はそれに答える余裕がなく、ダンナサマが何か答えていたようです。
病院に着いた時、ちょうど、痛みの山が来て、シートに突っ伏してしまい、動けませんでした。
それでも、タクシーの運転手さんは、急かすこともなく、
「大丈夫? 頑張って、頑張ってね」
と言ってくれました。
ようやく、降りる時も、
「じゃあ、これから長いけど、頑張ってね」
と言ってくれたことを覚えています。
答えられなかったけど、聞こえていました。ありがとう、運転手さん!
出産レポート CM:0 admin page top↑
大物かも…
2007 / 10 / 11 ( Thu ) 10:45:23
10月10日、以前は体育の日だったこの日の姫。

9日に、調子が悪かったのかもしれない姫。
いつもなら、夜中に1度は目を覚ますのに、全然目を覚ましません。
不安になった姫ママは、姫が眠ってから4時間半、おっぱいタイムからは5時間経った頃、眠る姫のオムツを交換しました。
すると、目を覚ました姫。
空腹を感じたのか、おっぱいを要求。
慌ててむせることもなく飲んでくれたので、姫ママはちょっと安心しました。

午前中の姫は、絶好調にご機嫌斜め。
しかし、不機嫌でもいいのです。
元気いっぱいで不機嫌なんですから。

ちょっとご機嫌が良くなると、おっぱいの要求とはまた別に、ひとりで口をチュバチュバさせています。
それは、前の日もやっていましたが、この日の姫はちょっと違いました。
自分の手を口の近くに持っていったのです。
しかし、ちょっと届かないのか、指をしゃぶるまでにはいきません。
でも、もう少しで指しゃぶりが出来そうな雰囲気。

あと、更に姫ママが喜ぶことをしてくれました。
姫ママの顔をじーっと見つめる姫。
姫ママが顔をちょっと横に動かすと、それを追ってくれたのです。
何度もやってくれたので、気のせいではないはず!

この日、14時半ちょっと前でしょうか。
家の近所の高砂部屋の周りの道を、どこぞの団体の街宣車が来て、大音量で怒鳴りながら、ぐるぐるぐるぐるまわっています。
その頃、ちょうどお昼寝タイムだった姫。
姫が起きちゃったらどうしよう!
姫ママは慌てて、窓を閉め、カーテンを閉めて、少しでも部屋の中に入ってくる音を小さくしようと試みます。
しかし、そんな姫ママの心配もなんのその。
姫、爆睡。
実は、うちのお姫様。大物なのかもしれません。

それにしても、これで、朝青龍がモンゴルから帰ってきたら、もっとうるさくなるのかしら?
今からそれが心配です。
避難場所を確保しなければ…


 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
実は調子が悪かった?
2007 / 10 / 10 ( Wed ) 14:15:43
10月9日の姫。
後から思えば、あまり調子が良くなかったのかもしれません。

おっぱいを飲む時、やたらと勢いよく飲んで、毎回むせるし。

しばらくして、何回もげほっともどすし。

泣き声がハスキーだし。

いつもはあまり出ないのに、何故か、大きなゲップが多いし。

ぐずぐずする時も、何か、いつもと違います。
おとなしい系のぐずりというか…

何だか心配になってしまいました。

そんな中、ちょっと楽しい姫も発見。
ひとり遊びで、口をチュバチュバやる技を覚えた姫。
今日もそれで遊んでいました。
そんな時、やたらと大きな、舌打ちのような音が出て…
ビクッ!
自分が立てた音に驚く姫。
見ていた方は、ついつい笑ってしまいました。
 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
お菓子の箱と買い物袋
2007 / 10 / 09 ( Tue ) 14:37:58
10月8日。
朝、よくお話して、ご機嫌だった姫。
何故か突然、理由もないのに大泣きを始め、姫ママちょっとパニック。

抱っこして、ベランダに出ると、少し落ち着いてくれるようです。
お外が好きなのかな?

時々、機嫌が良くなって、姫ママと遊んでくれます。
出産祝いに貰ったお菓子の、円柱形の空き箱をたたく音や、買い物袋のガサガサいう音に興味を持ってくれたようです。

午後、抱っこ紐を初体験。
姫パパが使用したので、姫ママは未体験です。

最近、涙の量が増えたようです。
今まで、大泣きしていても、泣き声がメインで、涙はあまり流れなかったのですが、最近、涙がポロリなのです。
姫、あんまり泣いてると、目が溶けてなくなっちゃうよ!

 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
お宮参りと抱っこの嵐
2007 / 10 / 08 ( Mon ) 09:15:12
10月7日。
姫、お宮参り。

午前中に、姫たちが住んでいるあたりの氏神である、牛島神社にお参りに行きました。
東京のじいじとばあば、姫パパと姫ママと行きました。
姫ママも、この神社には初めてお参り。
ちょうど、姫が生まれた頃、お祭りがあったそうです。
境内に、沢山の御神輿が集まるんだと、東京のばあばが教えてくれました。
次のお祭りには、姫も見ることが出来るかな?

その後、じいじとばあばを送ってから、姫ママの亡くなった祖母(姫にとっては、曾おばあちゃん)の家(姫ママが、結婚するまで住んでいた家)に行きました。
姫ママの祖母が亡くなって、姫ママが出ていって、今度は姫ママの妹たちも先日引っ越していったので、姫ママの、実は残っていた荷物を処分しに行ったのです。

そこに、姫ママの伯母が来たり、茨城のじいじとばあばが来たり、姫ママの妹(姫の叔母さんだ)が来たり、姫ママの上の伯母夫婦が来たり…と大賑わい。

姫はアイドルでした。

皆がよってたかって、姫をあやしてくれたので、姫ママは心置きなく、荷物を片付けることができました。

姫も、色んな人に抱っこされて、戸惑いながらも嬉しそうに見えました。

しかし、帰宅してから、姫、ぐずりまくり。

実は、ただの猫かぶり姫だったのです。


 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
人肌
2007 / 10 / 07 ( Sun ) 20:45:40
10月6日の姫様は、いつもに増して、甘えん坊。
姫ママの抱っこか、姫パパのおひざの上でしか寝てくれません。
やっぱり、人肌がいいのかな?

一人遊び(?)も覚えてきました。
口でチュバチュバ、よだれの泡ぶくで遊んでいます。

うんちの様子が、また変わってきました。
先日、ペーストっぽいと思ったのですが、もっと、べちゃべちゃした感じになっています。

 0~5ヶ月 CM:0 admin page top↑
* HOME * next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。